私のやる気スイッチのラブグラ|愛用する女性用バイアグラ

MENU

女性の不感症治療薬

女性にとって、あまり気にならない方もいれば、気にする人がいる不感症。

不感症とは、性的な刺激に対して何の興奮も覚えない症状を言います。
この症状を聞くと、男性というよりは女性に多い症状というイメージが強いという印象があります。

今はあまり少なくなったかもしれませんが、基本的に日本の女性は奥ゆかしいというイメージが強く、こういった女性の性の悩みについては非常に後ろ向きなイメージが強かったように思えます。
しかし、時代が進むにつれて、性に対する解放感が広がり、こういった問題に対しても女性側が前向きに対応しようという風潮が更に強くなったように思えます。

とはいえ、男性ほど性関連の悩みについて治療をしてくれるような病院が少ないのも事実です。
そんななか、ラブグラという治療薬があることを知りました。

ラブグラは、女性用バイアグラと言われており、男性がよくED治療に使っているバイアグラと同じシルデナフィルを主成分として作られた治療薬です。

症状を改善するためには、男性同様、女性も性器や周辺の血流が非常に関係しています。
このシルデナフィルは、血管拡張作用がある為、性器やその周辺の血流を良くすることで、膣分泌液の量を増やします。
膣分泌液の量が増えれれば、挿入時の痛みや不快感などが減少し、より感度が増すという作用をもたらされます。

こうして少しずつ性行為時に対する不快感や嫌悪感を和らげて、よりパートナーと前向きな性行為ができれば、自分自身にも自信が持てるようになりますし、相手への過度な気遣いも少なくなり、どんどん積極的に取り組むこともできるようになります。

但し、女性用バイアグラと言われるように、飲み合わせや体質及び体調によっては禁忌となる場合もある為、服用する際には使用上の注意をよく守り、正しく容量で服用することが必要になります。
また、日本国内ではドラッグストアなどの市場販売をしていないことから、ネット通販で購入する方法が現在では主流のようです。

こうした治療薬に頼りつつ、少しでも症状が改善できれば、きっと対人面での積極性や対応などが変わってくるかもしれませんね。